二次試験直前期!共通テスト後、出願校選びはどうすればいい?
学習法全般 · 2021/12/30
通テストの結果が大きく下振れしたり上振れしたりといった想定外の結果に翻弄される生徒が少なくありません。今回は、共通テストで想定外の結果が出た場合について、戦略的な出願校選びを解説します。浮かれたり落ち込んだりと感情的に出願先を決めると、思いがけない大失敗に繋がるので注意してください。
共通テスト直前期!実践的な解答スタイルを練習しよう
学習法全般 · 2021/12/01
共通テスト1ヶ月前の過ごし方を受験生の皆さんはどのように計画していますか?直前期にあたる1ヶ月前は、時間配分や解答順序などを工夫した本番用の実践的な解答スタイルの練習に取りかかるべきタイミングです。いわば「仕上げ」の時期というわけです。満点を目指す勢いで解かなければいけない生徒はごく一部のはず。7割も取れば十分という生徒は、解かなくてもいい難問に気をとられず解ける問題をササッと見付けて潰してく方法を選びましょう。

共通テスト直前期、「実力養成」から「仕上げ」にシフトチェンジを!英語はどうやって仕上げればいい?
学習法全般 · 2021/10/30
10月以降は、共通テストの直前期にあたります。共通テスト対策に力を入れることは大前提として、直前期は実力養成よりも仕上げの学習に注力してほしいと思います。実力養成は学力の向上を目指すものである一方、仕上げの学習とは「実力の100%の発揮」を目指す学習です。つまり、模試の成果を本番で確実に再現するために準備していくわけです。しかし、春や夏と同様の学習スタイルを直前期に選択して、「ラストスパート」のごとく、がむしゃらに頑張ってしまう生徒が少なくありません。受験勉強における実力養成と仕上げの間にある違いが上手く伝わってないのでしょう。そこで今回は共通テスト直前期に必要な仕上げの学習を、英語について説明します。
共通テストは得点率に合わせた学習法を考えて!英語の得点率7割を目指すには?
2021/09/30
得点率7割で志望校に合格できる生徒までもが、満点を目指す勉強法に血道を挙げてしまった結果、目標点数に到らずに目標の下方修正を迫られるケースが後を絶ちません。目標とする得点率によって勉強法は異なっており、受験勉強は大が小を兼ね“ない”のです。真面目で頑張り屋の生徒ほど陥りがちな負けパターンなので、気を付けてほしいと思います。

模試で弱点発見!ポイントを押さえた復習で効率良く
学習法全般 · 2021/08/25
模試はゴールでは無いことを意識してください。模試は、本番である入試の劣化コピーにすぎません。模試の練習のような勉強は無意味です。自身の志望校の過去問を解いたほうがはるかに生産的であることは間違いありません。模試を利用する受験生には「弱点の発見に活用する」という視点でいてほしいと思います。今回は、弱点の発見に繋がる模試受験の工夫をご紹介します。
集団授業を受けるだけで学力が向上するわけがない!?浪人生は予備校の活用法の見直しを!
学習法全般 · 2021/07/02
浪人を選択する受験生には、自宅浪人ではなく予備校の活用を推奨しています。長期間にわたる勉強漬けの生活を一人で続けることは困難なためです。ただ、予備校の活用方法に問題を抱えた生徒が少なくありません。多くの浪人生が、集団授業形式の予備校に通っていると思いますが、授業を受けているだけで現役時代よりも偏差値が上がるなんていうことはあり得ないわけです。学力の伸び悩みを感じている場合、予備校の活用方法を見直してみると課題が見付かるはずです。

難関校合格に必要な行動習慣とは?地方の受験生は慢心が生まれやすい環境に要注意!
2021/06/23
地方の受験生は慢心が生まれやすい環境に自分が置かれていることを自覚しましょう。そのうえで、学習の行動習慣を改善していくことが大事です。学習の行動習慣が難関校合格に繋がった事例として私が紹介したいのが、鳥取大学医学部医学科に2020年の入試で合格した女子生徒のCさんです。中3から高3までの4年間にわたってドリームラーナーズを利用してくれました。私が注力した指導の一つがが行動習慣の改善でした。
自宅浪人の成功は生活リズム維持がカギ!ルーティーンの活用で志望校に合格した自宅浪人体験記に学ぶ
学習法全般 · 2021/05/24
自宅浪人は浪人のスタイルとしては難易度が高い選択です。その理由の一つとして生活リズムの維持が難しいことがあります。自宅浪人を選んだ場合、自力で生活リズムを維持しなくてはなりません。学校の授業で生活リズムが維持されていた現役生の頃とはワケが違います。 参考になるのが、2021年、志望校である東洋大学ライフデザイン学部に自宅浪人による合格を果たしたドリームラーナーズ利用者・Bくんの合格体験記です。Bくんは勉強のほか、トレーニングやアルバイトを日常に取り入れて毎日のルーティーンを作った点を参考にしてほしいと思います。

なぜ長時間の勉強が成績向上に繋がらないのか?学習方法の改善で医学部合格を果たした浪人生の体験記から対策を学ぼう
学習法全般 · 2021/04/21
長時間の勉強を続けているにも関わらず、伸び悩む成績に悩む受験生は少なくありません。2020年度の試験で自治医大医学部に合格したドリームラーナーズの生徒も、膨大な勉強量が成績に繋がらないことに悩む受験生の一人でした。 Aくんは、現役時代、平日4時間・休日8時間の勉強量を確保していましたが、成績は伸びるどころか悪化していました。そこで、浪人を決めてからすぐに「勉強量が成績向上に繋がらないのは学習方法に問題があるのでは?」と考えてドリームラーナーズの利用を開始してくれたというわけです。 今回、医学部合格を果たしたAくんの浪人体験記を題材として、勉強量が成績向上に繋がらない原因と対策を解説します。
仮面浪人の大変さとは?体験記を読んで自分の覚悟を確かめよう
学習法全般 · 2021/03/05
仮面浪人はオススメできません。そもそも浪人して合格できる大学の偏差値を上げること自体難しく、私の経験から言って仮面浪人は現役時代よりもランクダウンするリスクが高いのです必要な努力の量を自分の今の実力から計算して仮面浪人の覚悟を決めてほしいと願っています。今回は、仮面浪人を検討している人の判断材料に役立ててもらうため、ドリームラーナーズを利用者の成功体験記をもとに大変さと解決策を解説します。

さらに表示する

ブログ最新記事